RSS
 

リードバディ 除菌消臭剤 SEAL OFF(シールオフ) スプレー 300ml

リードバディ 除菌消臭剤 SEAL OFF(シールオフ)スプレー
二酸化塩素の力で消臭、除菌、ウイルスまで除去します!



シールオフスプレーは強力な除菌効果によりパルボウィルス、インフルエンザやコロナウィルスも不活化させます。O-157・サルモネラ・カンピロバクター等の食中毒菌や一般生菌を瞬間的に除菌し、緑膿菌・VRE(バンコマイシン耐性腸球菌)や感染が恐ろしいMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)等の耐性菌やマラセチア・白癬菌等の真菌類も瞬時に除菌します。

その強力な除菌力の2次効果として優れた消臭効果を発揮しますので、今まで消臭が困難であった便臭も瞬時に消臭でき、もちろん尿臭やその他悪臭にも驚くほどの消臭効果を発揮する画期的な除菌・消臭剤です。ペットと一緒に生活されている環境内や介護施設でも、常に清潔で衛生的な快適空間を作り出せます。

二酸化塩素は、強い酸化力があり、広範囲の菌種に適用でき、且つ低濃度で殺菌できるにもかかわらず、毒性のある副産物(トリハロメタンなど)を生成しないことで、食品添加物や上水への添加剤として、既に国内外で使用されております。

■使用用途

まな板・トイレ・風呂場のタイル・エアコン・絨毯・フローリング・カーテン・生ゴミ・簡易トイレや排泄物の除菌・消臭。その他生活臭やタバコのにおいの消臭、靴・靴箱・スリッパの除菌と消臭。冷蔵庫・冷凍庫・車内の除菌と消臭。ペット環境全般(食器・玩具・シート・犬舎等々)

【ウイルス除去・除菌・消臭】

1畳当たり、に10回前後を目安に、空間上方にスプレーして下さい。食品に触れる用具等は必ず水洗いしてご使用ください。汚物処理後は、15cm四方当り5回を目安にスプレーし、しばらく経ってから拭き取って下さい。

  【カビの除去・消臭】

カビに5cm程の距離から10cm四方当り5回を目安にスプレーし、そのまま放置して下さい。
強度のカビには1日に数回、または日をおいて数回繰り返して下さい。
空間のカビ臭には、1畳当たり上方、中方、下方合わせて20回以上スプレーして下さい。
 
※上記はあくまで目安です。状況に応じてスプレー回数を調整の上、決めて下さい。

リードバディ 除菌消臭剤 SEAL OFF(シールオフ) スプレー 300ml

価格:

1,728円 (税込)

[ポイント還元 17ポイント〜]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

********************************

■二酸化塩素とは ・・・

二酸化塩素は分子式ClO₂で表され、即効性のある高い効果を発揮する除菌消臭剤として認知されています。 塩素原子が含まれますが、除菌等で利用されるいわゆる塩素とはまったく異なる特性をもつ成分です。 低濃度(つまり安全性が高い)で、除菌・消臭に高い効果をもつため塩素に代わる成分として早くから注目され、実際に利用されてきました。

しかしながら、二酸化塩素は通常、気体の状態で安定し、液体では不安定な特性をもっているため、これまでは生成してすぐに使用してしまわなければならず、主にプロの現場、例えば水道水の除菌や食品工場で利用されていました。この特性のため流通させることが困難であり、一般の家庭では普及されませんでしたが、特許技術により液体の状態で安定化させることが可能になり、現在多くのシーンで活用できるようになってきました。また近年では、感染対策の現場でも、ウイルスや細菌等に素早く、効果的に作用し、また耐性菌を作らないという特性からも、非常に注目されています。

☆広範囲の菌種に適応できる
☆必要な接触時間が短い
☆菌に耐性ができない
☆低い濃度で殺菌できる
☆毒性のある副産物ができない
☆phによる殺菌力の低下はほとんどない。(ph<10:一定)

■二酸化塩素の作用メカニズム

二酸化塩素は分解時に生成する活性酸素による強力な酸化作用をもち、この酸化力が各物質を変化させます。例えば・・・

(1)色素物質を無色物質に(漂白・脱色)
(2)病原体の構造蛋白、機能蛋白を破壊・停止(ウイルス・細菌対策)
(3)悪臭物質を無臭物質に(消臭)

■安定化二酸化塩素、亜塩素酸などとのちがい

安定化二酸化塩素は、亜塩素酸等が主成分となる製剤で、通常はこれに酸を加えて反応させる事により、二酸化塩素を発生させることになります。この反応は一過性のものですので、反応の直後は多量の二酸化塩素が発生しますが、この二酸化塩素はガスとなって液剤から抜けていってしまいます。また徐々にその発生量も減っていきますので、最終的に二酸化塩素が殆ど含まれない液剤となってしまいます。また、安定化二酸化塩素を利用した製品は、発生する二酸化塩素の濃度が環境により異なり(空気中の有機物量に起因したり等)、一定の効果を期待することが困難です。

次亜塩素酸は高濃度にて初めて高い効果を期待できますが、二酸化塩素は非常に低濃度で同等以上の効果が期待できます。また次亜塩素酸は強アルカリ性であるため酸性の環境下では効果を発揮できません。 更に次亜塩素酸はトリハロメタン等の副生成物を産出してしまうこともあり、二酸化塩素が注目されています。 効果を期待するため、高濃度にするため、生体に対する健康被害が大きな問題になっています。

■二酸化塩素の除菌力




ページトップへ